医学の友社 セミナーのご案内
●今回のセミナーでは外科系病棟における感染症の知識を1日かけて学んでいきます。抗菌薬の使い方、術後総部感染症(SSI)についての理解や対処法について。外科系病棟でみる院内感染症、そしてがんの感染症。最後にAST(抗菌薬適正使用チーム)についてお話いたします。アメリカで「感染症医」としてキャリアを積んだ臨床経験豊富な講師が分かりやすくお伝えします!!この機会に感染についてもう一度学んでみませんか。●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2020/5/16(土)福岡【感染:森信好 受講料:12,500円】
第6回感染症セミナー
【外科系病棟における感染症の知識】
【対象】外科系看護師・感染対策室・安全管理部・全医療従事者
 今回のセミナーでは外科系病棟における感染症の知識を1日かけて学んでいきます。抗菌薬の使い方、術後総部感染症(SSI)についての理解や対処法について。外科系病棟でみる院内感染症、そしてがんの感染症。最後にAST(抗菌薬適正使用チーム)についてお話いたします。アメリカで「感染症医」としてキャリアを積んだ臨床経験豊富な講師が分かりやすくお伝えします!!この機会に感染についてもう一度学んでみませんか。
開催日・地区 2020/5/16(土)福岡
会場名 電気ビル共創館カンファレンスB
(地下鉄「七隈線渡辺通駅」…電気ビル本館B2Fへ直結)
主催医学の友社 看護セミナー企画室
プランナー(講師)聖路加国際病院感染症科 森信好
受講料1名様 12,500円(消費税含)

講師からの
メッセージ
●●参加のおすすめ「いま感染症がアツい!」●●

 外科系病棟で遭遇する感染症、自信を持って対応できますか?術後創部感染症(SSI)がひとたび起きると重症化や入院期間の延長により、医学的、医療経済的に大きな問題となります。また尿道カテーテルや血管内カテーテル関連感染症、CD 腸炎など、様々な院内感染症も起こりえます。これらの予防と対策について詳しく説明します。
 次に日本人の2人に1人ががんに罹患する時代。実はがんと感染症も密接に結びついています。がん患者は様々な感染症にかかりやすい。そのような場合、感染症科医師が一緒に診療にあたることで患者の予後が改善します。一方、がん患者の6人に1人は感染症が原因と言われています。予防できるがんがある。このことを認識して頂きたいと考えています。
 最後に、2050 年には多剤耐性菌(AMR)感染症が世界の死因の第一位に躍り出ます。そのような中、抗菌薬適正使用チーム(AST)の取り組みが各病院で求められています。感染症専門の看護師さんはもちろん、これから関わっていく看護師さんにとって必須の知識をお伝えします。
 アメリカで感染症診療に携わってきた臨床経験豊富な講師による、わかりやすくキレ味鋭い講義を提供します。どうぞお楽しみに!
planner 森信好
全スケジュール ・東京会場
2020年3月20日(祝金)
東京ビッグサイト1階102会議室
■ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」から徒歩7分
■りんかい線「国際展示場駅」より徒歩10分

・神戸会場
2020年4月12日(日)
神戸クリスタルタワー3階クリスタルホール
■JR「神戸駅」から徒歩7分

・福岡会場
2020年5月16日(土)
電気ビル共創館カンファレンスB
■地下鉄「七隈線渡辺通駅」(電気ビル本館B2Fへ直結)
■鉄道「西鉄薬院駅」より徒歩10分

※申込書+受講料入金で受講証を発送/開場は開演40分前です。プログラムの変更があることがあります。お問い合わせください

プログラム
講義時間 10:30〜16:00(休憩・質疑時間含む 終了時刻は前後します)
お昼休憩 12:30〜13:20
※昼食は各自ご用意ください。
※持ち込まれた飲食物の容器等は、すべてお持ち帰りください。

1.抗菌薬の使い方
 1)病棟で使用している抗菌薬、理由わかっていますか?
 2)抗菌薬を使用している患者の注意点は?
 3)いつまで抗菌薬を投与しましょう?

2.術後創部感染症(SSI)を理解しよう!
 1)術後創部感染症(SSI)についてしっかりと理解していますか?
 2)予防方法と抗菌薬の選択・投与期間など実践的な内容をお話しします
 3)SSI が起きた場合の対処法

3.外科系病棟でみる院内感染症
 1)外科系病棟で起こる感染症に自信を持って対応できますか?
 2)よく起きる院内感染症の対処法:
  ①尿路感染症、②カテーテル感染症、③肺炎、④CD腸炎
 3)稀な感染症の病棟での対応:HIV、結核、インフルエンザ etc.

4.がんの感染症
 1)がんと感染症は密接に繋がっています
 2)がんの原因の6 人に1 人は感染症?
 3)がんの人は感染症にかかりやすい?

5.抗菌薬適正使用チーム(AST)について
 1)現在、国を挙げて抗菌薬適正使用に取り組んでいます
 2)ご自身の病院のアンチバイオグラム、知っていますか?
 3)感染症専門看護師はもちろん、
   これからリンクナースとして活躍するにあたり必要な知識をお伝えします

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら