医学の友社 セミナーのご案内
●オペルームセミナーの消化器外科編です!大腸癌と胃癌の手術の器械出しを中心に押さえておきたいポイントを優しく解説いたします●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2020/2/23(日)東京【手術室:金澤伸郎 受講料:15,500円】
第9回オペルーム看護セミナー【消化器外科編】
【消化器外科の手術●手術室看護師と外科ドクターから学ぶ●】
 ●イントロダクション:「・・・明日は大腸癌手術だ!しかも直接介助だ!」
手術室勤務になって2年。「もう大丈夫かな?と思っても、いつもどこかで怒られちゃう…。“器械を出すタイミングが遅い!” とか、“術野を見ていろっ!”とか、ちょっとブルーだな。執刀医のA先生、いつもは優しいけれど手術になると厳しくなるんだよなぁ。スムーズな器械出しをしたいけど、不安…。褒めてもらわなくてもいいけれど、せめてお小言ひとつなく手術が終わるといいな………」
開催日・地区 2020/2/23(日)東京
会場名 東京ビッグサイト102会議室
(ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」より徒歩7分)
主催医学の友社 看護セミナー企画室
プランナー(講師)地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター
外科部長 金澤伸郎(プランナー)&手術室看護師
受講料1名様 15,500円(消費税含)

☆お得に参加…!セット割引実施中☆
心臓血管外科の手術 15,500円』と2つのセミナーをご参加の方は
合計受講料 28,000円(税込)でご参加いただけます!

講師からの
メッセージ
●●参加のおすすめ●●

 消化器外科領域の手術は消化管手術から肝胆膵手術まで幅広い術式があります。近年、腹腔鏡下手術が増えてきて、以前とは異なる介助が要求されるようになってきました。新しい器械やエネルギーデバイスも導入され、各々の準備も必要になってきました。「開腹手術と比較して、腹腔鏡下手術のほうが、介助する機会が減って楽!」とは思っていませんか? 機会が少ないからこそ、しくじると目立ってしまいますよ。
 また、手術のゴールは同じでも、その道筋は、たとえ定型手術であったとしても術者によって様々です。結紮一つをとっても、術者によって癖などがあり、今時怒鳴ったり物を投げたりするような外科医はいませんが(そう思いたい…)、小言を言われることは少なくないでしょう。
 今回は、医師の立場から手術の場面ごとに“何を考え、どうしたいのか”についてお伝えすると同時に、看護師の立場から、それに対し”どうしているか、どうしたいか”といったことを、一方通行の講義ではなく討論のような形でお示ししようと思っています。。
 消化器外科の直接介助にあたるナース必聴のセミナーです。ふるってご参加ください。

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター外科 金澤伸郎
全スケジュール ・福岡会場:2020年2月9日(日)
 福岡国際会議場4階411会議室
 ■JR「博多駅」からバス・タクシーで15分

・東京会場:2020年2月23日(日)
 東京ビッグサイト102会議室
 ■ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」から7分
 ■りんかい線「国際展示場駅」から10分

・大阪会場:2020年3月1日(日)
 梅田センタービル16階E会議室
 ■各鉄道「梅田・大阪駅」から10分

※お申し込みの方には受講証・会場地図をお送りします。申込書+受講料入金で受講証を発送/開場は開演40分前/プログラムの変更があることがあります。お問い合わせください。

プログラム
講義時間 10:00〜16:00(質疑時間〜 16:30 終了時間は前後します)
お昼休憩 12:30〜13:20(予定)
※昼食は各自でお取りください。
※持ち込まれた飲食物の容器等は、すべてお持ち帰りください。

大腸癌の手術
1.開腹手術の介助
(1)解剖:
    各臓器の配置、後腹膜への固定の有無などを理解しましょう
(2)手術手技の流れ:
    血管の処理、後腹膜からの受動、間膜の処理、腸管の切除、吻合など
(3)自動縫合器、自動吻合器の使い方:
    色々な器械が出てきます。その目的と使い方、取扱について理解しましょう
(4)各場面での器械の配置:
    ここで必要な器具、器械はどれ? 器械が交差していませんか?
(5)直接介助の実践とポイント:
    ここは清潔操作? それとも不潔操作?
    この操作の時、いつも使う器具は? 次の操作は?
    二手先、三手先を考えていますか?

2.腹腔鏡手術の介助
(1)いろいろな吻合のしかた:
    端端吻合、側端吻合、端側吻合、側側吻合、機能的端端吻合…、etc
(2)各場面での器械の配置:
    開腹手術と何が違うが理解しましょう
(3)直接介助の実践とポイント:
    腹腔内吻合、創外吻合、など様々です

胃癌の手術
1.開腹手術の介助
(1)解剖:
    膵臓との位置関係、網嚢の概念も理解しましょう
(2)手術手技の流れ:
    大網の切離、血管の処理、十二指腸の切離、リンパ節廓清、吻合など
(3)いろいろな結紮、止血法:
    糸? クリップ? 電気メス? 器械?
(4)各場面での器械の配置:
    ここで必要な器具、器械はどれ?
(5)直接介助の実践とポイント:
    切離が先? それとも吻合が先?

2.腹腔鏡手術の介助
(1)保険点数、知っていますか?:
    幾つまで自動縫合器が使えるか知っていますか?
(2)各場面での器械の配置:
    開腹手術と何が違うが理解しましょう
(3)直接介助の実践とポイント:
    モニターを見て、手術の進行状況をしっかり理解しましょう

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら