医学の友社 セミナーのご案内
●今回のセミナーはアメリカで「感染症医」としてキャリアを積んだ講師が、医療者として知っておかなければならない「感染症」の知識を簡潔に分かりやすくお伝えします。この機会に感染についてもう一度学んでみませんか。●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2019/6/15(土)東京 【感染:森信好 受講料:10,800円】
第4回感染症セミナー
●感染の考え方を根本から見直すチャンス!●
『感染症における大事な知識〜医療従事者のための必須知識!〜』
for:看護師・全医療従事者
 今回のセミナーはアメリカで「感染症医」としてキャリアを積んだ講師が、医療者として知っておかなければならない「感染症」の知識を簡潔に分かりやすくお伝えします。この機会に感染についてもう一度学んでみませんか。
開催日・地区 2019/6/15(土)東京
会場名 TFTビル東館9階9A会議室
(ゆりかもめ「国際展示場正門駅より徒歩7分)
主催医学の友社 看護セミナー企画室
プランナー(講師)聖路加国際病院感染症科 森信好
受講料1名様 10,800円(消費税8%含む)

講師からの
メッセージ
●●参加のおすすめ「いま感染症がアツい!」●●

 「感染症」と聞いて皆さんはどのようなイメージを描くでしょう?豚コレラやエボラ出血熱などニュースで見るような特殊で怖い病気を想像するかもしれません。ですが、日常診療に「感染症」は溢れています。風邪はウイルスによる感染症、今年猛威をふるったインフルエンザもウイルスの感染症です。
 皆さんが病棟で補液の次に多く使っているであろう抗菌薬。これを駆使するのも我々感染症科のお仕事です。でも、どのような目的でいつまで使用するべきなのか、しっかりと理解していますか?
 実はがんと感染症も密接に結びついています。がん患者は免疫が下がるため様々な感染症にかかりやすい。逆にがんの原因の6人に1人は感染症という事実もあまり知られていません。さらに、現在世界の死因の第1位はがんですが、不適切な抗菌薬使用によって、2050年には多剤耐性菌が死因の第1位に躍り出るとWHOは警告しています。
 今回はアメリカで「感染症医」としてキャリアを積んだ講師が、皆さんが医療者として知っておかなければならない「感染症」の知識を簡潔に分かりやすくお伝えします。「感染症」を正しく理解すれば日常診療で「デキるナース」になること間違いなし。どうぞお楽しみに!

planner 森信好
全スケジュール ・東京会場
2019年6月15日(土)
TFTビル東館9階9A会議室
■ゆりかもめ「国際展示場正門駅(改称予定:東京ビッグサイト駅)」より徒歩7分
■りんかい線「国際展示場駅」より徒歩7分

※申込書+受講料入金で受講証を発送/開場は開演40分前です。プログラムの変更があることがあります。お問い合わせください

プログラム
講義時間 10:00〜16:00(〜16:30 質疑時間 終了時刻は前後します)
お昼休憩 12:30〜13:20
※昼食は各自ご用意ください。
※持ち込まれた飲食物の容器等は、すべてお持ち帰りください。

1.抗菌薬の使い方
 1)病棟で使用している抗菌薬、理由わかっていますか?
 2)抗菌薬を使用している患者の注意点は?
 3)いつまで抗菌薬を投与しましょう?

2.インフルエンザ
 1)ワクチンについて一般の人に説明できますか?
 2)どのような治療薬があるでしょう?
 3)怖い合併症、知っていますか?

3.結核
 1)どのようなタイプがあるか知っていますか?
 2)ツベルクリン反応とIGRAについて説明できますか?
 3)治療はどうしましょう?

4.性感染症
 1)コンドームを持っている人はエロい人?エラい人?
 2)4大疾患(クラミジア、淋菌、梅毒、性器ヘルペス)について勉強しましょう
 3)HIV感染症と仲良くなりましょう

5.がんの感染症
 1)がんと感染症は密接に繋がっています
 2)がんの原因の6人に1人は感染症?
 3)がんの人は感染症にかかりやすい?

6.多剤耐性菌
 1)2050年には世界の死因第1位は多剤耐性菌!
 2)みなさんの病院でも増えています
 3)対応をしっかりと学びましょう

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら