医学の友社 セミナーのご案内
●誤嚥性肺炎の患者さんに遭遇し、その予防と治療に難渋した経験がある、すべての医療従事者のための必須講座!●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2018/1/27(土)神戸 【誤嚥】
第13回誤嚥性肺炎予防セミナー
●誤嚥性肺炎を防ぐ知識や対策をわかりやすく学びます!●
『誤嚥性肺炎の予防とケア〜摂食嚥下へのアプローチと呼吸理学療法〜』
【対象:看護師・訪問看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士ほか】
誤嚥性肺炎の患者さんに遭遇し、その予防と治療に難渋した経験がある、すべての医療従事者のための緊急講座!看護師・訪問看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士に必須の対策を伝授します。

●ご用意いただくもの●(※必ずご持参下さい)
1.ステート(聴診器)
2.お飲み物(お水・お茶など)
(どちらも頚部聴診の実習の際に使用いたします。)
開催日・地区 2018/1/27(土)神戸
会場名 神戸クリスタルタワー3階クリスタルホール tel.078-360-8450
主催医学の友社 看護セミナー企画室 
プランナー(講師)神戸大学大学院保健学研究科地域保健学領域教授・医学部教授
石川 朗(プランナー)
大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能治療学教室准教授
野原幹司
受講料1名様 15,400円(消費税8%含)
【※聴診器は必ずご持参ください】

講師からの
メッセージ
◆◆◆参加のおすすめ〜誤嚥とたたかうテクニック満載です!!〜◆◆◆

 本邦では、65歳以上の高齢者の死亡原因に肺炎が多く、高齢化が進むに伴いその比率は高まります。また、高齢者の肺炎の中では、誤嚥性肺炎が圧倒的に多く見られます。すべての医療従事者が、誤嚥性肺炎の患者さんに遭遇し、その予防と治療に難渋した経験があると思われます。誤嚥性肺炎とは食べ物や唾液が肺の中に入り込むことによって引き起こされる肺炎です。では、この誤嚥性肺炎をどのように予防し、治療すべきなのでしょうか。 
 そこで、誤嚥性肺炎の予防と治療のための評価と手技として、摂食嚥下へのアプローチと呼吸理学療法に視点を当てた1日で学ぶセミナーを企画しました。摂食嚥下に関しては、この医学の友社で開催している摂食嚥下障害セミナーで講師をされている大阪大学歯学部附属病院の野原先生にお願いしています。
 本セミナーは講義だけではなく、具体的に理解できるよう嚥下機能評価の内視鏡と呼吸理学療法のデモンストレーションも予定しています。
 これまでに、全国で12回開催し、大変好評を得ています。たくさんの方に受講していただき、多くの患者さんへ導入していただけると幸いです。

神戸大学大学院保健学研究科地域保健学領域教授・医学部教授
石川 朗
全スケジュール 東京会場
2018年1月20日(土)
 損保会館2階大会議室
(JR「御茶ノ水駅」、地下鉄「淡路町駅」より徒歩7分)

神戸会場
2018年1月27日(土)
 神戸クリスタルタワー3階クリスタルホール
(JR「神戸駅」から徒歩7分)

福岡会場
2018年3月24日(土)
 福岡国際会議場4階413+414会議室
(JR「博多駅」よりバス・タクシーで15分)

※お申込者には、会場地図をお送りいたします。

プログラム
講師
(第1,4,5講) 神戸大学大学院保健学研究科地域保健学領域教授・医学部教授 石川 朗
(第2,3講) 大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能治療学教室准教授 野原幹司

講義時間 10:00〜16:30(終了時間は前後します)
昼食休憩 12:30〜13:20(昼食は各自ご用意ください)

●ご用意いただくもの●(※必ずご持参下さい)
1.ステート(聴診器)
2.お飲み物(お水・お茶など)
(どちらも頚部聴診の実習の際に使用いたします。)

1.「誤嚥性肺炎」とは何でしょうか?
1)高齢者と肺炎
2)どうして誤嚥性肺炎が生じるのでしょうか?
3)誤嚥性肺炎に介入するための基礎知識

2.「誤嚥、不顕性誤嚥」を見やぶる!! 
1)顕性誤嚥とは? 不顕性誤嚥とは?
2)摂食嚥下障害とは?
3)誤嚥、不顕性誤嚥の徴候を知る
4)誤嚥性肺炎予防は「侵襲」と「抵抗」に分けて考えましょう

3.「嚥下機能の評価」をしましょう!
−内視鏡で実際に見ながら頸部聴診をマスターする−

1)嚥下時の触診のポイント
2)頸部聴診から何がわかるのでしょうか?
3)頸部聴診(デモンストレーションと実習)
※聴診器は必ずご持参ください

4.誤嚥性肺炎「予防」のための呼吸理学療法
1)予防のためのコンディショニング
2)体位を見なおそう
3)予防のための運動療法

5.誤嚥性肺炎「治療」のための呼吸理学療法
1)誤嚥時の咳の介助・誘発方法
2)排痰のテクニック
3)デモンストレーション

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら