医学の友社 セミナーのご案内
●歴史ある慈恵医大の講師で構成した、ナース向けのわかりやすい看護セミナーです。病棟・外来にかかわらず耳鼻咽喉科における必須知識ばかりです。自己学習・院内勉強会に疲れた方は、まずはこのセミナーから始めてみませんか●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2017/10/7(土)東京 【耳鼻咽喉科】
第3回耳鼻咽喉科看護セミナー
●病棟・外来にかかわらず、耳鼻咽喉科における必須知識を優しく学ぶ!●
『看護にいかす耳鼻咽喉科の疾患・検査・治療の知識』
for:耳鼻咽喉科・手術室・検査部 etc.
 歴史ある慈恵医大の講師で構成した、ナース向けのわかりやすい看護セミナーです。病棟・外来にかかわらず耳鼻咽喉科における必須知識ばかりです。自己学習・院内勉強会に疲れた方は、まずはこのセミナーから始めてみませんか
開催日・地区 2017/10/7(土)東京
会場名 東京ビッグサイト101会議室
(ゆりかもめ「国際展示場正門駅」から7分)
主催医学の友社 看護セミナー企画室
プランナー(講師)東京慈恵会医科大学
森 恵莉(耳鼻咽喉科学教室)【プランナー】
井坂奈央(耳鼻咽喉科学教室)
茂木雅臣(耳鼻咽喉科学教室)
鈴木 香(耳鼻咽喉科学教室)
今川記恵(附属病院耳鼻咽喉科)
受講料1名様 15,400円(消費税8%含)

講師からの
メッセージ
◆◆◆参加のおすすめ◆◆◆

 耳鼻咽喉科領域は、感覚器を取り扱う科です。感覚器は人が生きていく上で重要な役割をしており、一つ失うだけでQOLを損ないます。外見上は障害があるようには見えないけれども、そのぶん患者さんの苦しみは大変深く孤独なものがあります。そういう障害を受けた患者さんに対して、どう寄り添って、いかに良い状態で帰すことが出来るか、が耳鼻咽喉科診療の大きな課題になります。そのために、看護師さんの介入はとても重要です。
 東京慈恵会医科大学の耳鼻科は日本で初めて設立され、日本一歴史が長く、症例数も多いです。この活気ある施設において、最前線で診療を行っている各領域の若手の専門医と、またそれを共にする検査技師が、今回登壇します。嗅覚・聴覚・平衡感覚を重点的に、耳鼻咽喉科領域において知っておいていただきたい知識と、最新の知見をお話します。さらに、患者さんと接する際に注意すべきポイントを、わかりやすく解説します。
 このセミナーに参加された皆様の施設において、患者さんに「この病院に掛かって良かった、あなたが担当看護師さんで良かった」と満足して帰っていただけるよう、我々も講義の準備をして参ります。是非聴きにいらして下さい。お待ちしております。

by 森 恵莉
全スケジュール ・東京会場:2017年10月7日(土)
 東京ビッグサイト101会議室
 ■ゆりかもめ「国際展示場正門駅」から7分

※参加者の方には会場地図をお送りします

プログラム
講義時間:10:00〜16:20(終了時間は前後します 〜16:30質疑時間)

1.鼻の疾患と治療(講師:森 恵莉) 10:00-11:10
 1)鼻の機能・解剖 
 2)鼻の病気について
 3)鼻の機能検査・画像検査
 4)鼻の病期の治療・特に手術について
 5)鼻の周術期における注意すべきこと

2.睡眠時無呼吸症候群(講師:井坂奈央)11:20-12:30
 1)口腔・咽頭の解剖
 2)睡眠時無呼吸症とは
 3)睡眠時無呼吸症の検査
 4)睡眠時無呼吸症の治療
 5)睡眠時無呼吸症患者における周術期のリスク

休憩:12:30〜13:20 昼食は各自ご用意ください
(※持ち込まれた飲食物の容器等は、すべてお持ち帰りください。)

3.検査の知識(講師:今川記恵)13:20-14:00
 1)耳鼻科検査の種類
 2)耳鼻科検査の実際
 3)検査の読み方
 4)検査のピットフォール
 5)看護師さんがみつける障害(ベッドサイドで行うスクリーニング検査)

4.耳の疾患と治療(講師:茂木雅臣)14:10-15:10
 1)どうやったら難聴の患者さんと上手くコミュニケーションできるの?
 2)耳鳴って治るの?
 3)どんな患者さんが補聴器を使ったらいいの? 
 4)子供の耳の病気にはどんなものがあるの?
 5)耳の病気で手術を受ける患者さんではどんなことに注意したらいいの?

5.めまい(講師:鈴木 香)15:20-16:20
 1)めまいに関わる内耳の解剖・機能
 2)なぜめまいは起こるか?
 3)見逃してはいけないめまい
 4)めまいの検査
 5)めまいの治療と看護の役割

質疑 16:20-16:30(終了時間は前後します)

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら