医学の友社 セミナーのご案内
●一般外科で扱う解剖と疾患、消化器ストーマについての基礎知識等について、1日でシンプルに学べる消化器外科看護セミナーの基礎編ver.4です!●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2017/7/1(土)東京 【外科】
第20回消化器外科看護セミナー
●初級者からベテランまでを対象にわかりやすく解説!●
『外科ナースのためのわかりやすい消化器外科〜治療と看護〜 ver.4』
 ●イントロダクション:ある日の病棟勤務での一コマ…●
 消化器・一般外科病棟での勤務も一年が過ぎ、新たに新人の後輩が配属された。後輩からはいろいろ相談を受けるようになってきたけれど、まだまだ自信を持って教えることができない自分がいる。自分だって教えてもらいたいことが山ほどあるのに…。でも、後輩の手前、先輩には訊きづらいし、ましてや医師にはとても訊けないし…そんな思いをしたことは有りませんか?
 
 このセミナーでは一般外科で扱う解剖と疾患、消化器ストーマについての基礎知識を学びます。講義全体の理解から、疾患と治療、ベッドサイドでの患者様の観察、医師への報告など、自分自身で“考える臨床看護”ができるようになりましょう。ベテランナースは知識の整理に、異動の方や新人の方は担当科の理解を深めることに役立ちます。1日でシンプルに学べる消化器外科看護セミナーのver.4です。
開催日・地区 2017/7/1(土)東京
会場名 損保会館2階大会議室 tel.03-3255-1707
主催医学の友社 看護セミナー企画室
プランナー(講師)地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター外科
金澤伸郎
受講料1名様 15,400円(消費税含)
※お申し込みの方には受講証・会場地図をお送りします。申込書+受講料入金で受講証を発送/開場は開演40分前/プログラムの変更があることがあります。お問い合わせください。

講師からの
メッセージ
●●参加のおすすめ●●

 消化器外科領域で扱う疾患は数多く、苦手意識のある看護師さんも多いことでしょう。医学は暗記モノではなく、考えて理解の深まる学問です。特に外科では解剖が基本です。その上に疾患があり、それに対する治療がある。治療をすれば効果もある反面、合併症もある。そういったことを理解し、積み重ねることが医療であり、看護であると考えます。
 今回のver.4では前回のver.3とはやや趣を変え、疾患について掘り下げると同時に、よく耳にはするけど実際はあまり理解していないことなど、人に訊きにくいようなテーマを取り上げてみました。癌については胃と大腸をメインにし、あえてドレーン管理を加えました。ドレーン管理はもはや時代遅れ…、との声もありますが、しかし使っている施設もまだまだ多いのも現状です。
 1年目の新人だろうが、10年選手のベテラン看護師だろうが、患者サイドから見れば同じprofessionalな看護師です。皆さんの、その一挙手一投足を見ています。わずか一日でこの領域の膨大な内容を習得することは不可能ですが、その足がかりを得るには十分な時間だと思います。医師から見て看護師におさえて欲しいポイントに主眼を置いた内容にしています。覚える看護ではなく、考える看護を身につけてください。そして、常に次の一手を考えて行動してください。
 ここで学んだことを踏み台にし、明日からは今日より一段階上の看護を実践していただけると信じております。ふるってご参加ください。

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター外科 金澤伸郎
全スケジュール ・東京会場:2017年7月1日(土)
 損保会館2階大会議室
(JR「御茶ノ水駅」、地下鉄「淡路町駅」より徒歩7分)

・札幌会場:2017年7月9日(日)
 札幌国際ビル8F国際ホール
(JR「札幌駅」から徒歩7分)

・愛知会場:2017年8月26日(土)
 名古屋国際会議場234会議室
(地下鉄「日比野駅」「西高蔵駅」から徒歩10分)

・神戸会場:2017年9月10日(日)
 神戸クリスタルタワー3階クリスタルホール
(JR「神戸駅」より徒歩7分)

・福岡会場:2017年10月21日(土)
 福岡国際会議場4階413+414会議室
(JR「博多駅」よりバス・タクシーで15分)

※お申込者には会場地図をお送りいたします。

プログラム
講義時間 10:00〜16:30(質疑含む 終了時間は前後します)

―午前―

1.消化器の疾患と解剖から:ドレーンとイレウス管の管理も含めて
 1)腹腔内臓器の解剖 
 2)腸閉塞(イレウス)
  (1)原因と手術適応 
  (2)イレウス管の役割など
 3)急性虫垂炎
  (1)手術適応
  (2)症状の理解と術後管理のポイント
 4)胆石・胆のう炎
  (1)症状の理解
  (2)術後管理のポイント(ドレーン・Tチューブ etc.)
 5)ヘルニア
  (1)種類と基本構造
  (2)術後管理のポイント

2.消化器外科で扱う代表的な癌:分類・進展様式・治療
 1)「がん」と「癌」の違い、早期癌の定義
 2)胃癌
  (1)症状
  (2)治療法のいろいろ
  (3)再建術式の意味合い
 3)大腸癌
  (1)疫学
  (2)治療法のいろいろ 
 4)肝臓癌
  (1)疫学
  (2)治療法のいろいろ
 5)膵臓癌
  (1)疫学
  (2)治療法のいろいろ
  (3)膵頭十二指腸切除術

休憩 12:40-13:30(昼食は各自ご用意ください)
※持ち込まれた飲食物の容器等は、すべてお持ち帰りください。

―午後―

3.消化器ストーマ:造設から合併症まで
 1)単孔式と双孔式ストーマ
 2)一時的ストーマと永久ストーマ
 3)造設場所の決定と回腸・結腸での違い
 4)起こりうる合併症
 5)社会保障制度:患者さんに聞かれたら困りますよ

4.看護のポイント:術後管理と観察点
 1)ドレーン管理:種類・目的・役割・留置場所・排液の観察と情報
 2)輸液管理:種類・手術侵襲の影響・経管栄養
 3)輸血:目的・種類・副作用
 4)術後の疼痛コントロール

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら