医学の友社 セミナーのご案内
●教科書ではわからない、明日から即使える実践的知識を中心に、シンプルに理解していただけるセミナーです!●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2018/2/3(土)神戸 【循環器】
第11回循環器看護セミナー
●循環器のキホンの基本をシンプルに学べるわかりやすいセミナーです●
『これだけでいい!循環器スタッフの必須知識●いまさら聞けないキホンの基本●』
 心疾患を持つ患者様の看護にあたって、最小限知っておくべき知識の整理をするセミナーです。循環器関連科に配属になり、日も浅い方、後輩指導でお困りの方、患者様への説明に苦労されている方には最適のセミナーです。教科書ではわからない、明日から即使える実践的知識を中心に、シンプルに理解していただけるセミナーです。お誘いあわせの上ご参加ください。

こんなスタッフのためのセミナーです!↓↓↓
『患者様への説明に!』『後輩スタッフの指導に!』『自身のスキルアップに!』
開催日・地区 2018/2/3(土)神戸
会場名 神戸クリスタルタワー3階クリスタルホール tel.078-360-8450
主催医学の友社 看護セミナー企画室
プランナー(講師)イムス葛飾ハートセンター心臓血管外科部長 金村賦之
受講料1名様 15,400円(消費税含)
※お申し込みの方には受講証・会場地図をお送りします。申込書+受講料入金で受講証を発送/開場は開演40分前/プログラムの変更があることがあります。お問い合わせください。

講師からの
メッセージ
●●参加のおすすめ●●

 “循環器疾患”と聞くと、なんとなく敷居が高いと感じていませんか? 実際のところ、「循環器疾患を持つ患者さんに相対するのが怖い」、「教科書を開いて みても難しい図表や横文字が並んでいて勉強するのが嫌になってしまう」、と感じられた経験の1つや2つ、皆さんにもあるのではないでしょうか。でも実は、 “心臓”って単純なんですよ。難しい働きをしているわけじゃないんです。今回はその皆さんが難しいと感じるところを、一つ一つ解きほぐしていき、手術ビデ オなども交えて、看護に役立つ基本知識をより深めていきます。
 この1日の講義で、1)循環器分野に携わり始めた方には確実な理解を、2)第一線で頑張っている方にはよりステップアップしたケアが獲得できるものと考えています。たくさん方のご参加をお待ちしています。

planner 金村賦之
全スケジュール ・福岡会場:2018年1月14日(日)
 福岡国際会議場4階413+414会議室
 (JR「博多駅」よりバス・タクシーで15 分)

・神戸会場:2018年2月3日(土)
 神戸クリスタルタワー3階クリスタルホール
 (JR「神戸駅」より徒歩7分)

・東京会場:2018年2月18日(日)
 東京ビッグサイト102会議室
 (ゆりかもめ「国際展示場正門駅」より徒歩7分)

・愛知会場:2018年3月10日(土)
 名古屋国際会議場224会議室
 (地下鉄「日比野駅」「西高蔵駅」より徒歩10分)

※お申込者には会場地図をお送りいたします。

プログラム
講演時間 10:00〜16:30(終了時間は前後します)
休憩 12:00〜12:50(昼食は各自ご用意ください)
※持ち込まれた飲食物の容器等は、すべてお持ち帰りください。

1.まずは解剖と循環器の仕組みを知りましょう
 1)心臓の仕組みと役割
 2)血管の仕組みと役割
 3)呼吸と循環の関連について
 
2.検査値の読み方を知っておきましょう
 1)血液検査
 2)心電図検査
 3)超音波検査
 4)脈波検査
 5)X線検査
 6)MRI検査
 7)カテーテル検査

3.循環器系作動薬の知識
 1)心不全治療薬と昇圧薬
 2)血管拡張薬と降圧薬
 3)抗不整脈薬
 4)抗血栓薬

4.大事な疾患と治療について頭に入れましょう
 1)弁膜疾患
  (1)主な弁膜症の診断と治療
  (2)標準的な弁膜症の手術
  (3)低侵襲な心臓弁膜症の手術  
 2)大動脈疾患
  (1)大動脈瘤の分類と診断
  (2)大動脈瘤の手術と臓器保護  
  (3)ステントグラフト治療の進歩
 3)虚血性心疾患
  (1)狭心症と心筋梗塞の違いが分かりますか?
  (2)虚血性心疾患の診断と検査
  (3)術後に気をつけておきたいポイント 
 
5.心電図の読みかたと不整脈の理解
 1)この不整脈は危険ですか?
 2)ペースメーカー治療と再同期療法
 3)カテーテルアブレーションとメイズ手術

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら