医学の友社 セミナーのご案内
●血液浄化の種類から急性血液浄化法の適用となる病態、さらには血液浄化法の看護の観察ポイント等について学べるセミナー!非常に大切な血液浄化の知識をこの機会に身につけましょう!●
 
※セミナーは一度に最大5件まで申し込み可能です
2017/12/3(日)午前 神戸 【ICU血液浄化】
第16回ICU看護セミナー【血液浄化法】(ショートセミナー)
●ICUで行う血液浄化の種類、適用、看護のポイントについて半日でわかりやすく解説!●
『最新!170分で学ぶ集中治療管理法!●わかりやすい急性血液浄化法●入門編』
【対象:看護師・理学療法士・臨床工学技士・・・etc】
 このセミナーは、血液浄化の種類から急性血液浄化法の適用となる病態、さらには血液浄化法の看護の観察ポイント等について学べるセミナーです。ICUにおいては人工呼吸などと同様に、非常に大切な血液浄化の知識をこの機会に身につけましょう!
開催日・地区 2017/12/3(日)午前 神戸
会場名 神戸クリスタルタワー3階クリスタルホール tel.078-360-8450
主催医学の友社 看護セミナー企画室
プランナー(講師)川崎医科大学救急総合診療医学講座特任教授
(元日本集中治療医学会理事長)
氏家良人
受講料1名様 7,900円(消費税含む)

講師からの
メッセージ
◆◆◆ 参加のおすすめ ◆◆◆

 
 血液浄化法とは、血液から不要な物質を除去し体液の正常化を図る治療法で、ICUにおいては人工呼吸などと同様に重要な救命処置の一つです。血液浄化法には様々な方法があり、腎不全に対して行われる腎代替療法(RRT)が最もよく行われています。これらには血液透析(HD)、血液濾過(HF)、血液濾過透析(HDF)などがあります。これらを持続的に行う場合を持続的血液透析(CHD)、持続的血液濾過(CHF)、持続的血液濾過透析(CHDF)と呼びます。腎不全には慢性腎不全(CKD)と急性腎不全(AKI)があります。急性腎不全は重症感染症、様々なショック、心不全、薬物などにより腎臓が二次的に障害を受けて起こるもので、元々の病態を改善することで腎機能は復活する可能性が高いです。ICUにおける腎不全以外の急性血液浄化法としては、肝不全やSLE、神経筋疾患などにおける血漿交換、敗血症におけるエンドトキシン吸着、急性中毒における血液吸着などがあります。
 以上の血液浄化法はいずれも血液をいったん体外に引き出し、フィルター(浄化膜)を用いて不要な物質を除去し、その後体内に戻す、いわゆる体外循環です。体外循環では血液が容易に凝固するため、適切な抗凝固薬を必要とします。そのため時として脳内出血を来すこともあり、出血に対する注意が欠かせません。また、血液浄化法によっては循環血液量の変化、血液浸透圧の変化などから血圧低下、意識障害、脳圧亢進などを来すこともあります。急性血液浄化法はICUにおける患者看護として、人工呼吸に次いで理解すべきものであり、これらの理解は安心で質の高い看護を可能にします。
 今回のセミナーはそんな重要な処置方法のポイントを押さえ、効率良く半日で学べるよう構成されておりますので、この機会に一緒に学んでみませんか。

川崎医科大学救急総合診療医学講座特任教授 氏家良人
全スケジュール ・神戸会場
 2017年12月3日(日)午前
 神戸クリスタルタワー3 階クリスタルホール
 (JR「神戸駅」より徒歩7分)

・福岡会場
 2017年12月10日(日)午前
 福岡国際会議場4階409+410会議室
 (JR「博多駅」よりバス・タクシーで15 分)

・東京会場
 2018年1月14日(日)午前
 TFTビル9階908会議室
 (ゆりかもめ「国際展示場正門駅」から7分)

※お申し込みの方には会場地図をお送りします。
申込書+受講料入金で受講証を発送/開場は開演40分前/プログラムの変更があることがあります。お問い合わせください。

プログラム
講義時間:9:50〜13:00(途中休憩20分含む)

1.血液浄化の種類にはどんなものがあるの?
 1)血液透析(HD)
 2)血液濾過(HF)
 3)血液濾過透析(HDF) 
 4)血漿交換(PEX)
 5)血液吸着(DHP)、エンドトキシン吸着(PMX)
 6)腹膜透析(PD)

2.急性血液浄化法はどのようなときに行いますか?
 1)急性腎不全
 2)急性肝不全
 3)敗血症
 4)中毒
 5)免疫疾患

3.血液浄化法の看護って何を観察すれば良いの?
 1)プライミングと抗凝固薬の準備
 2)脱送血の観察
 3)凝固時間の管理
 4)In/Outバランス
 5)患者のバイタルサイン

 
※セミナーは1度に最大5件まで申し込み可能です



医学の友社 お問い合わせはこちら